アーニャ・チャイコフスカヤのウクライナの歌

ウクライナ出身の歌手アーニャ・チャイコフスカヤのロシア正教の祈祷歌とウクライナ民謡。子供を失った母のラメント(嘆き歌)。2018年に東京で行った音楽詩劇研究所ユーラシアン・オペラ公演からの抜粋。
演奏は、八木美知依(箏)、ヤン・グレムボツキー(ヴァイオリン)小森慶子(クラリネット)小沢あき(ギター)
この写真の中の人々の心身が傷つくことを思うとやりきれません。映像には2017年にウクライナのオデッサの美術館で、ウクライナ、ロシアのダンサーと創作したときの写真があります。
そのとき「もしも戦争がなかったら」という企画展の展示室を楽屋として案内された。2014年以降にロシアとの衝突で戦死したウクライナ兵の無数の肖像画。日常の姿と軍服を着た姿が並列して描かれていた。ウクライナやロシアのダンアサーの楽屋として私はそこを選ぶことができず、別の場所を探してもらった。もし彼らに尋ねたら、あまり気にせずに、そこを使ったのかもしれないが…
日本で、現地ウクライナやロシアの人々の、大切な友人たちの「嘆き」をほんとうに理解することは難しい。
現在はウクライナ領内にあるルーマニアで生まれ、ホロコーストに直面したユダヤ人、パウル・ツェランの詩。
これからもウクライナやロシアの人々とともに歌を探します。
「糸の太陽たち」
糸の太陽たち、
灰黒色の荒蕪の地の上方に。
ひとつの
樹木の高さの想いが、
その光の色調を
とらえる――
まだ歌える歌がある、
人間の
彼方に。
(訳:飯吉光夫)

ビオロギヤ・ミュージック

 

kawasaki_jun6@r7.dion.ne.jp

メモ: * は入力必須項目です