12/18 (土) 安田芙充央さんと

12月18日(土)

 

作曲家、演奏家の大先輩の安田芙充央さんと稲毛 CANDYで初共演です。

 

安田さんのホームページでその多彩すぎる音楽を体験することができます。

 

open17:30 start18:00

安田芙充央(piano) 河崎 純(b)

要予約¥3500(1drink込税込)

 

〒263-0031 千葉県千葉市稲毛区稲毛東3丁目10−12 jazz Spot CANDY

予約 043-246-7726

 

 

 

安田芙充央 (Fumio Yasuda)プロフィール

 

作曲家・ピアニスト。オーケストラ作品や2004年ミュンヘン・オペラ・フェスティバルで委嘱初演されたオペラ「DerKastanienball」で絶賛を浴びる。ベネチア国際映画祭出品作「Help Me Eros」などの映画音楽やNHK-BSプレミアム「井浦新 アジアハイウェイを行く」などNHKの音楽も多数手がける。ピアニストとしてはシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、シュツットゥガルト室内管弦楽団定期演奏会、2014年にはウィーン楽友協会大ホールにてウィーン・キュンストラー管弦楽団と自作曲を共演するなど海外での活動も多く「現代で最も個性的なピアニスト」(独「Kieler Nachrichten」紙 )と評される。

音楽と映像(荒木経惟)のコラボレーションの新しい試みにも挑戦し続けており、インスタレーション「On The Path Of Death And Life」2013年ニューヨーク、ミュンヘン・フランス・ボルドーで開催され、センセーションを起こす。又、ジャズピアニストとして日本のアバンギャルド・ジャズの中心人物であったギタリスト故高柳昌行と共演している。リーダーアルバムは独WINTER&WINTERレーベルより14枚リリースされ、シュツットゥガルト室内管弦楽団と共演した「花曲(Kakyoku)」、ピアノソロ・アルバム「Charmed with Verdi」はともに独フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙の特選盤に選ばれる。代表作はバーゼル室内管弦楽団と共演したピアノ・コンチェルト、巨匠テオドロ・アンゼロッティをソリストに迎えたアコーディオン・コンチェルトなど。ムラマツ・オリジナル・シリーズを通じてフルートの作品も多数作編曲している。

ビオロギヤ・ミュージック

 

kawasaki_jun6@r7.dion.ne.jp

メモ: * は入力必須項目です