リュモーチナヤ#9 ゲスト:任炅娥(いむ・きょんあ チェロ奏者) 

2/25(火) 月刊 河崎純の音楽通信「リュモーチナヤ」第9回

ゲスト任炅娥(いむ・きょんあ チェロ奏者)

 

バルトーク、朝鮮民謡などの演奏を交えて。

 

宮城県仙台市出身。

東京音楽大学を経て、同大学院科目履修修了。在学中、オーディション合学者による室内楽コンサートに出演。

2009-2013年〈ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン〉の無料コンサートに出演。

2014年公開のドキュメンタリー「遺言〜原発さえなければ〜」の音楽演奏を担当。

2017年、クラシックオーディション合格、新進音楽家コンサートに出演。

現在、ソロ・室内楽・オーケストラ等で演奏し、またチェロ講師として後進の指導も行っている。

これまでにチェロを山本純、勝田聰一、苅田雅治、ドミトリー・フェイギンの各氏に師事。

オーケストラ・トリプティーク団員、NPO法人いろはリズム副理事。

 

ビオロギヤ・ミュージック

 

kawasaki_jun6@r7.dion.ne.jp

メモ: * は入力必須項目です